売却お役立ちコラム

  1. トップページ
  2. 売却お役立ちコラム

売却前に知っ得!お役立ちコラム

不動産は頻繁に売り買いするものではないので、不動産売却について詳しく知っている人は、あまり多くありません。しかし、実際に不動産売却をする前に、何も知らない状態というのは困りもの。そこでこちらでは、日田市の宅建業者「丸善株式会社」が、不動産売却前に知っておきたい豆知識をご紹介していきます。

不動産売却にともなう税金の計算方法や、土地の値段の決め方などを知って、不動産売却を成功させましょう。

不動産を売却した時の税金の計算方法

不動産売却によって利益が出た場合、その利益は「譲渡所得」とみなされ、譲渡所得が課税されます。譲渡所得は次のような式で算出します。

課税譲渡所得金額=譲渡価格 - 取得費 - 譲渡費用 - 特別控除

取得費 売却した土地や不動産や建物の購入代金(減価償却費)と、取得にかかった費用(購入の際の仲介手数料など)を足し、減価償却費を引いた金額。「先祖伝来の土地で購入金額がわからない」といった場合は、譲渡価格の5%相当額。
譲渡費 売却の際、仲介手数料や立退料、古屋の解体費用など、売却のために直接かかった費用。
特別控除 国の政策的な配慮によって設けられているものです。
  • 居住用財産を売った場合の3,000万円の特別控除
  • 特定住宅地造成事業などのために土地等を売った場合の1,500万円の特別控除などがあります。
所有期間が5年を超える不動産を売却した場合

次の計算式で求められる、長期譲渡所得が課税されます。

税額=譲渡所得×20%(所得税15%+住民税5%)

所有期間が5年以下の不動産を売却した場合

次の計算式で求められる、短期譲渡所得が課税されます。

税額=譲渡所得×39%(所得税30%住民税9%)

Pick up!! 以下が「短期譲渡所得」と「長期譲渡所得」の違いとなります。

譲渡(売却)した年に属する1月1日の時点に、所有期間が5年以下の場合のことを「短期譲渡所得」といいます。
それに対して譲渡(売却)した年に属する1月1日の時点に、5年を超えている場合のことを「長期譲渡所得」といいます。
詳しいことはお気軽にお問い合わせ下さい。

家を売却する人は、購入する人よりも少ない

家を売却する人は、購入する人よりも少ない

マイホームには子どもの成長過程や夫婦の生活など、思い出がたくさん詰まっています。住宅ローンは何十年にもわたって返していくものなので、苦労してやっと返済が終わったとしたら、そこから物件を手放す気になれない気持ちもうなずけます。

家を購入する人に比べ、売却する人が少ないのは、思い出まで一緒に手放すように感じられて抵抗を覚えるからではないでしょうか。

ポイント1 土地の使いやすさ
駅からの距離や土地の形、高低差など、土地の使いやすさを査定します。駅から近く、形が整っていて、広い道路に面した高低差のない土地は、一般的に高値で取引されます。
ポイント2 流通量
土地がほとんど売りに出ない場所では、相場よりも高く取引されるケースがあります。市場に似た物件が多く出回っていると、相場が把握しやすくなるため、一般的な価格で取引されます。
ポイント3 売主
売主が何らかの原因で売り急いでいる場合、価格を下げてでも早く売却しようとするため、売却価格が下がる傾向にあります。一方「時間をかけてもいいから、できるだけ高く売りたい」と思う売主なら、値下げ交渉には応じない可能性が高いでしょう。
Pick up!! 支援充実。日田市で子育て
日田市は「出産育児一時金」の支給や「子ども医療費助成」など、子育ての支援に力を入れている自治体です。子育て世帯の方に人気があり、同じ世代の子どもを持つ親同士の交流も盛んに行われています。「安心して子育てがしたい!」という方にもおすすめの物件をご紹介しますので、ご相談ください。
日田市公式サイト子育て支援情報はこちら
  • 物件情報はこちら
  • 当社が選ばれる理由はこちら
  • お問い合わせから売却までの流れ
  • 丸善株式会社へのお問い合わせはこちら

Copyright © Maruzen Inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP