空き家の売却について

  1. トップページ
  2. 空き家の売却について

使わない空き家は、売却という方法があります

相続で譲り受けた物件や、引っ越して住まなくなった田舎の家など、空き家でお困りではありませんか?空き家を売却する場合、「そのままの状態で」「解体して更地で」「空き地をそのままの状態で」など、いくつかの選択肢があります。

こちらでは、日田市で地域に密着して30年の宅建業者「丸善株式会社」が、それぞれの特徴をご紹介します。迷ったときは、不動産売却・相続・空き家を扱う当社にお気軽にご相談ください。

空き家をそのままの状態で

空き家をそのままの状態で

空き家をそのままの状態で売却する場合、その物件は「中古戸建」もしくは「古屋付土地」と呼ばれます。売主がリフォームして売却する場合に比べて手間がかからず、費用の負担もありません。ただし、買主はリフォーム費用や解体費用などを負担する必要があるため、売却価格は安くなりがちです。できるだけ時間やお金をかけずに売却したい方におすすめの方法です。

空き家を解体して更地で

空き家を解体して更地で

あまりに築年数が経過している建物は、そのままでは需要が見込めません。修繕に大きな費用や手間がかかる物件も不人気です。そういった空き家は解体して更地にした方が、解体を前提とした「古屋付土地」よりも一般的に高く売却できます。

空地をそのままの状態で

更地ならどのような建物を建ててもよく、土地活用の自由度が高いため、そのまま売却に出しても買い手がつく可能性が十分にあります。

知ってる?解体費用の目安

知ってる?解体費用の目安

建物の解体費用は、坪数や建物の構造などによってかわってきます。木造の建物なら比較的安く解体できますが、RC(鉄筋コンクリート造)住宅の場合は、ある程度まとまった金額が必要です。

木 造 RC(鉄筋コンクリート造)
1坪あたりの解体費用 3万円~ 5万円~
1件あたりの解体
(約40坪)
120万円~ 200万円~

解体費用は地域や業者によっても大きく異なります。近年では一括見積もりが依頼できるサイトなども登場しているので、解体業者を探す際は活用してみましょう。

まずは丸善株式会社におまかせください!

まずは丸善株式会社におまかせください!

誰も住まない家は、湿気がたまってカビが生えやすくなり、すぐに傷んでしまいます。かといって、住んでいない家を管理し続けるのは大きな負担。当社では「空き家の管理に手が回らない!」とお困りの方のために、空き家管理サービス(有料)をご提供しています。

当社の空き家管理サービスは多くのお客様からおよろこびいただいており、途中から売却に切り替えるお客様も少なくありません。管理物件なら、そのような場合もスムーズに売却活動に入れます。「あの物件、どうしよう」とお悩み中の方も、
まずはご相談ください。

Pick up!! 丸善株式会社では、空き家の賃貸の管理も承っています。
相続や転勤・税金のことなどで、今は空き家だけど売却までは考えていない方に向けて、丸善株式会社では賃貸もご提案しています。

今までは、土地に住居が建っている場合、土地だけに比べて固定資産税が安価でしたが、昨今の空き家問題の影響もあり、2015年より国が空き家対策を始めたことによって、土地に住居が建っていても、更地の土地の状態とほぼ変わらなくなります。

丸善株式会社では、賃貸仲介、管理業務も行っています。売却までは考えていないけれども、という方は賃貸として貸し出すお手伝いもしていますので、お気軽にお問い合わせください。
  • 物件情報はこちら
  • 当社が選ばれる理由はこちら
  • お問い合わせから売却までの流れ
  • 丸善株式会社へのお問い合わせはこちら

Copyright © Maruzen Inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP